白井田七。と白井田七。かめ(甕)の成分の違い

白井田七。錠剤タイプと白井田七。甕(黒酢発酵)タイプとどちらを選んだらいいかと悩む人が多いようです。
私は結果的には、どちらも飲んでみたのですが、
まず、成分の違いから言えば、

 

サポニン量は、「白井田七。粒」タイプの方jが圧倒的に多い」です。

ですので、田七人参そのものの効能をより感じたい人には粒のほうがオススメですね。
田七人参は、「肝臓の機能回復」「血糖値を下げる」「血圧を整える」「止血効果」「お血(ドロドロ血)の状態を改善する」などの効果があると言われています。
中国では昔から「止血効果」や「消腫」といって腫れ物を消す効果があるとも言われています。

 

>>白井田七。粒タイプ 詳しくはこちら<<

 

白井田七。甕(かめ)の特長


では白井田七。甕(かめ)はどこがいいのか?
というと、それが、「吸収されやすい」ということです。

 

田七人参というのは、分子量がとても大きくて、吸収されにくいのです。
ですが、甕(かめ)は、黒酢で発酵させているので、分子が小さくなっていることで体内への吸収力が高まっています。
確かに、白井田七。甕の方は、飲んだら翌日にも違いを感じました。
あと、アミノ酸を摂ると、とにかく気分が上向きになります。
実はアミノ酸は、脳内で様々な神経伝達物質を作るのに欠かせない物質です。
ハッピーホルモンといわれるような「オキシトシン」や「セロトニン」を作るために必要不可欠な材料はアミノ酸からできているのです。

 

>>「白井田七。かめ(甕)」 公式サイトはこちら<<