白井田七。甕(かめ)は特に更年期への効果実感を感じる人がとても多いそうです。

 

その理由が、豊富なアミノ酸。

 

アミノ酸はホルモンを作り出すために必須の材料なので、アミノ酸が不足すると、体に様々な影響が起こります。
更年期は、卵巣の働きが加齢とともに衰えることで、女性ホルモンの量が減ってくるのですが、そのバランスの変化で自律神経のバランスを崩すことで起こります。
アミノ酸はこの自律神経にも深く関わっていますので、アミノ酸を十分に摂ることは自律神経を整えて更年期の症状を和らげる効果があります。

 

 

さらに田七人参そのものにも、「精神安定作用」や「ストレス軽減作用」などもありますから、
更年期の女性が効果を実感しやすくなっているんですね。

 

更年期と白井田七の参考サイトはこちら→